世界最大級のM&AマッチングサイトM&A PARK【エムアンドエーパーク】

案件タイプ
MENU

オリジナルテキスタイルに特化したアパレルブランド

掲載期間
一般公開
繊維・衣料製造
 
個人
~1,000万円
~1,000万円
日本 関東・甲信越
東京都 渋谷区
有形・無形資産・事業等(個人事業含む)
社員なし
至急
法人,個人,M&A専門家,海外投資家

譲渡対象資産に係る財務データ

2018 ~1,000万円 赤字経営 ~1,000万円

ビジネスモデル

ユニセックスブランドとして、東京コレクションのスケジュールに合わせ、年2回の展示会を行い
卸しベースで活動をするアパレルブランドです。

主に生産は国内、一部海外にも生産背景がございます。
現在国内約10店舗、香港、中国、大手アパレルモールでの自社ECサイトがございます。
洋服の元となる、生地からデザインし、オリジナリティを生かしたものづくりを行なっております。
実際の購入者は、30代前半から40代後半の女性のお客様が多いです。
次いで、20-30代の男性顧客の比率も高まってきております。

対象としている顧客としては、経済的に余裕があり、文化的教養を持ったお客様です。

ターゲットとしては、洋服を流行りやトレンドを意識して買うのではなく、
自分のお気に入りの一着を買い、長く、大切に着たいと思っている、またはそれに見合った空間を提供しているショップとなります。
洋服の元となる布からデザインを始めます。
たとえば雪が降り積もる情景をデザインとして生地にするとします。
ただ布にプリントするのではなく、少しザラザラとしている糸や、光沢のある糸を使って、織りや刺繍で表現することで、奥行きのある生地を生み出すことができます。
デザインは自身の原風景や、日常の記憶から生まれます。
共感される無意識の懐かしさと、日本の高度な技術を使った新しさが共存する洋服を作っています。
・提携先との関係性
独自の技術をもった工場を見つけ出し、直接足を運んで関係を築いてます。
足を運ぶことは、意志の疎通や関係性を深めることにもつながりますが、思いがけないアイディアが生まれることもあります。
工場の方が失敗作として置いてあった生地のデザインに価値を見出し、製品化に繋ぐことができました。

・過去にデザインをしてきたテキスタイルの図案が30柄ほど、見えない資産として残っています。
アパレル事業の他にもインテリア分野などにも展開していける可能性があると感じています。
受注生産によるBtoB、直接販売・ECを中心としたBtoC、海外エージェントを通じた海外卸し販売となります。
財務的理由,事業の存続に対する不安,資金調達,戦略見直し
個人の資金で売上拡大していくことが今後難しいと判断したため

その他の案件情報

はい
価格
ブランド
はい
まだ決まっていない
いいえ
いいえ
いいえ

M&A専門家への相談希望項目

M&A相談,事業再生相談