世界最大級のM&AマッチングサイトM&A PARK【エムアンドエーパーク】

案件タイプ
MENU

フィリピン|日本人が運営する語学学校

掲載期間
一般公開
教室・教育・ノウハウ
 
法人(株式会社)
1,000万円~5,000万円
1,000万円~5,000万円
日本 関東・甲信越
東京都
法人(株式)
20名以下
1年以内
法人,個人,M&A専門家,海外投資家
詳しい財務情報はNDA締結後に開示させていただきます。
譲渡金額は1800万円を希望します

譲渡対象資産に係る財務データ

2018

ビジネスモデル

◆市場について
市場は留学事業の健全な発展と国内の留学啓蒙を目的として、民間の留学事業者等 66社で構成される一般社団法人海外留学協議会(JAOS、理事長 曽根 靖雄、以下、「JAOS」)は、2018 年 8月にJAOS会員である留学事業者 38 社を対象に日本人の留学生数の調査、『海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査2018』を実施しました。その結果、JAOS加盟の留学事業者38社からの2017年の年間留学生数は78,109人であること、フィリピン留学が増加の反面、アメリカ留学が減少していることなどが明らかになりました。

JAOSの調査によると、留学先の1位は、アメリカ(22.9%)、2位はオーストラリア(321.9%)、肝心のフィリピンはニュージランドを抜き5位の(8.6%)となっています。

◆販売方法について
オンライン・SNSでの広報、オフラインによる営業・マーケティング、代理店販売、口コミによる集客。
SNSではフェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ライン@を利用しています。
◆顧客について
客層は10-70代前半ですが、主な年代は25-35歳となります。
男女比は5:5ほどです。
業界的に日本の大学が夏休み、冬休みの際は大学生が多くなる傾向があります。
◆商品・サービスについて
マンツーマンレッスンメインで語学メソッドを活かした授業で英語の感覚を養い「知っている」英語から「使える」英語を身に付けます。
ただ単にレッスンをするのではなく、日本人の弱点を見極め、生徒に英語を口にしてもらう「アウトプット中心」のトレーニングを行います。
そのために語学メソッドに沿った教授方法で、講師にもトレーニング方法を教育し生徒の英会話力を伸ばします。

当校の独自の語学メソッドはダイレクトメソッド、パターンプラクティスと言うメソッドの要素を取り入れて脳に英語が定着しやすい方法でレッスンを行なっています。

日本からへの生徒様へはお部屋と食事も用意し勉強に集中しやすい環境を提供しています。
◆強みについて
英語脳を効率良く強化する独自のメソッド、発音、リンキングやシラブルをトレーニングするレッスン。
それらをしっかりとレッスンするトレーニングされた講師。

他校ではレッスンで講師が説明や文法などを教える事が多くなり生徒が英語を口にする時間が少なくなる。
講師には説明は少なくして生徒が必要な時、望む時にして生徒に英語をアウトプットさせるようにトレーニングしています。
講師は2週間はトレーニングして、採用後も継続的にトレーニングしています。
戦略見直し
他のビジネスに集中したいため、譲渡を検討しています
システム上、所在地が東京となっておりますが、フィリピンが所在地となります。

2019年は売上が月平均70万ペソと言う状況です。
学校営業に関する取得ハードルの高いオフィシャルライセンスを保有しておりますので、フィリピンでのスタートアップビジネスのインフラは整っております。ここは価格以上の価値があります。
設立:2014年
資本金:約200万円
発行済株式数:2510
額面:1,000,000ペソ

その他の案件情報

未回答
価格
ブランド
未回答
いいえ
いいえ
いいえ
いいえ

M&A専門家への相談希望項目

*写真はイメージです